センサーとは

昔は、フイルムでした。

レンズを通った光を記録する部品。

そいつが大きいと、たくさんの光を受けとめることができるので、キレイな写真が撮れるんです。


スマホのカメラにももちろんセンサーがあります。小さい小さいセンサーが。その小さいという弱みを、デジタル処理の超絶テクノロジーでそれなりに見えるように自動的に加工した結果を、画面で見ています。


一眼カメラのセンサーは、それよりずっと何倍も大きいので、加工や処理をしなくても素敵な写真が撮りやすいです。


ichiomoiの撮影で使うのは「フルサイズ」という大きなタイプ。カメラ本体もレンズも、重くて大きくて高いです。

家庭用の一眼カメラで多いのは、それよりちょっと小さいタイプのセンサーのもの。APSCとか、マイクロフォーサーズ、とか呼びます。


覚えなくても全然いいですが、自分のカメラがどのタイプなのか分かると、どれくらいの立ち位置なのかな、ってわかって楽しいかもですね。

0回の閲覧

Copyright 2009 ichiomoi. All Rights Reserved.